逆光で撮る

天気のいい日に屋外で撮影する場合は基本的に逆光や半逆光気味に撮影するということです。

確かに建物や風景写真などは順光で撮影する方が色やディテールが出ていいのですが、意外にも私達プロのカメラマンはモデルを撮る場合、大抵逆光か半逆光で撮影しています。

←これ順光

もちろんカメラ任せのオートで撮影すると顔が真っ暗になるか、いや~な影が出来ると思います。

そこでどうするかというと、カメラには大抵露出補正が付いていると思います。それをプラスに補正しましょう。
その加減は撮影しながら模索してください。
(+1〜+3ぐらい)

←これ逆光

面倒だな、という場合は後でパソコンで明るく補正すればいいのですが、その場合多少画質は落ちます。
もう一つはストロボかレフ板を使うことです。

もちろん普段ではレフ板を使うのは難しいので簡単なストロボを使うことになると思いますが、これは日中シンクロという方法で、ストロボが付いているカメラには強制発光などというモードがあると思います。
まあストロボ使うよりはプラス補正をしたほうが雰囲気はいいのですが、ただストロボを使うと目にキャッチライトが映るという利点もあります。

そこでストロボを使う場合は気付かれないくらい弱〜くが理想です。
そのストロボもまた補正で弱くできたりするのですが、動き回る子供を撮るときにそこまでやってられないので、実際私も自分の子供撮るときにはあまり使いません。

もちろん曇りの日は日光の方向に気にしないで大丈夫です。
そしてストロボは曇りの日には使わないでください。顔が白塗りになっちゃいます!あと実は絶対逆光で撮ったほうがいいのは料理とかお弁当なんです!

お店の中では無理かも知れませんが、ご自宅で撮る場合は、料理などを窓際に置いて、部屋の電気を消して撮ってみてください。

全然雰囲気が良くなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です